留学見積.comホーム >> ワーキングホリデー

ワーキングホリデー

料金を知りたい 相談依頼
ご利用の流れ
留学希望条件を入力 留学会社へ一括問い合わせ 留学会社から回答がある 留学会社を選んで出発
留学会社一覧

ワーキングホリデーにいこう!

現在、働きながら滞在するというスタイルのワーキングホリデーは7ヵ国で行われています。
国際交流を目的とした政府間協定で、現在は7ヵ国で可能です。

国によって、ビザ、年齢、期間、雇用期間、就学期間が異なります。
基本的には、ワーキングホリデー用のビザ、18~30歳で独りでの渡航、最長1年間の滞在が条件となります。
ワーキングホリデーを複数回経験しているリピーターもいますが、同じ国にいくことはできません。
ひとつの国には、1回のみワーキングホリデーにいくことが可能。
ビザの申請は、簡便になってきており、インターネットなどで自分でできます。
しかし、語学に自信がない場合や、語学学校にも通う場合は、留学会社さんに相談して、あらかじめ学校等を決めておくほうがいいでしょう。

ワーキングホリデー 行ける国

おすすめの行き先

オーストラリアへワーキングホリデーに行こう

オーストラリアは、日本にとって、一番はじめにワーキングホリデーの協定を結んだ国。毎年、ワーキングホリデーのビザ発給数はダントツで、一番人気です。

【条件】
最長1年間で、18~30歳が対象。
扶養義務のある子供がいないこと。
同じ場所で3ヵ月以上の勤務は不可。
就学する場合は、3ヶ月以内。生活資金としてA$5000程度は、用意しておくこと。

【ビザ】
インターネットを利用して申請。
ニュージーランドは、日本が2番目に協定を結んだ国。オーストラリアと並んで、温暖で治安も良いことでも人気です。

ニュージーランドへワーキングホリデーに行こう

【条件】
最長1年間で、18~30歳が対象。
子供の同伴は不可。
同じ場所で3ヵ月以上の勤務は不可。
就学する場合は、3ヵ月以内。

【ビザ】
申請時に6ヵ月分の滞在費(NZ$4200程度)が必要。

カナダへワーキングホリデーに行こう

近年、特に人気の国。
定員をオーバーすると、その年の受付は終わりとなるので、興味があるなら早めに問い合わせましょう。

【条件】
最長1年間で、18~30歳が対象。
就学する場合は、6ヵ月以内。

【ビザ】
申請時に生活資金として最低50万円程度は用意しておくこと。

イギリスへワーキングホリデーに行こう

ビザ発給数に制限があり、2005年度は400のみ。
条件も変わるため注意が必要です。
条件の詳細が決まると、イギリス大使館のWEBサイトに掲載されるので、チェックしていることが大切。
常時チェックするのが手間であれば、留学会社さんに相談しておき、情報を教えてもらうようにすると良いでしょう。

【条件】
最長1年間で、18~25歳が対象。
雇用期間は、フルタイム就労の場合、滞在の50%以下。

【ビザ】
申請時に、帰国の航空券か十分な預金があることが必要。

フランスへワーキングホリデーに行こう

【条件】
最長1年間で、18~30歳が対象。
就学に関しては、特に制限はなし。
子供の同伴は不可。

【ビザ】
行きの航空券、2500ユーロ、健康診断書、旅行保険加入証などの書類が必要。

ドイツへワーキングホリデーに行こう

【条件】
最長1年間で、18~30歳が対象。
就学に関しては、特に制限なし。
子供の同伴は不可。
滞在期間中の雇用期間は合計90日。

【ビザ】
往復航空券、2000ユーロ以上の資金証明、健康保険加入証明書などの書類が必要。

韓国へワーキングホリデーに行こう

韓国は、アジアで唯一のワーキングホリデー協定国。

【条件】
最長1年間で、18~30歳が対象。
就学する場合は、3ヵ月以内。
扶養家族の同伴は不可。
同一箇所での3ヵ月以上の継続勤務は不可。

【ビザ】
旅行日程、往復航空券コピー、最終学校の卒業証明(or在学証明)、25万円以上の残高証明などの書類が必要。

料金を知りたい 資料請求したい