留学したい!と思ったらまずは資料請求!

料金を知りたい

語学留学

語学留学したいなら、まずは一括資料請求で、複数の留学会社に問い合わせよう!

人気の留学会社に一括問合せ! 料金を知りたい 相談する!

海外留学の定番中の定番、一番人気の語学留学。
世界各国で語学を学ぶ学生向けに、大学など公けのものや、私設の語学学校がたくさんあります。

語学の理解が、コミュニケーションをはかる第一歩になりますので、語学レッスンを軸にして、さまざまなアクティビティを付加したプログラムが数多く提供されています。
プログラムが多いので、事前の下調べや情報収集がポイント!希望や予算など、進学の目的にあった語学学校を探すため、専門会社のカウンセラーに相談すると良いでしょう。
それぞれの会社は、得意分野、対応できる範囲、サポート体制などが異なります。頼りになる専門会社をみつけることが、成功への早道です。

短期の語学留学
休みを利用して、1週間から数ヵ月の短期間の渡航になります。
ホームステイ、課外活動などで異文化のプチ体験をしてみたい人にお勧め。
長期の語学留学
本格的に語学の習得を目指し、あるいは将来の海外進学を目指して、しっかり学ぶことができます。
海外で学びたい!キャリアアップしたい!海外文化を体験したい!語学留学したい!「留学したい!」と思ったら…まずは資料請求!
料金を知りたい 相談する!

語学留学 おすすめの行き先

  • アメリカ

    英語を集中的に特訓するプログラムはもちろん、語学に+αの講座やアクティビティを付加したコースなど、実にバリエーションに富んだプログラムが用意されています。アメリカは毎年世界中から、多くの学生を受け入れているため、特に人気の国。

  • オーストラリア

    オーストラリアでの英語学習は、高校生など若い留学生からも人気。世界中から学生が訪れるので、受け入れ態勢も整っています。
    オーストラリアでの語学留学は、大学付属の英語学校や私設の語学学校の他に、州立TAFE付属の英語学校があります。
    TAFEは州立の専門学校で、語学学校を併設しており、TAFEへの進学者を対象とした英語学校となります。

  • ニュージーランド

    ニュージ-ランドの語学学校は、比較的少人数制をとっているところが多く、落ち着いた雰囲気。 また、大自然を活かしたアクティビティも盛んで、アクティブに活動したい人にもお勧め。

  • カナダ

    カナダでは、英語とフランス語の両方が公用語となっており、英語もフランス語も学ぶことが可能です。両方の言語を平行して学ぶコースもあります。
    アメリカの大都市の語学学校に比べて、全体的に落ち着いた雰囲気。
    語学レッスンに自然環境を利用したアクティビティを組み合わせたコースもあり、短期、長期ともに多彩なプログラムが用意されています。

  • イギリス

    イギリスは英語発祥の地でもあり、昔から現在に至るまで世界中から実に多くのの学生を受け入れているため、各種教育機関も充実しています。短期の語学留学から、長期の専門コースまでさまざまなプログラムが提供されています。
    また、私設の語学学校も、国が認定制度を行っており、教育内容の質の管理に国をあげて取り組んでいます。
    どんな、語学学校が自分に合っているかは、留学会社さんと相談してみると良いでしょう。

  • アイルランド

    アイルランド英語は、一般的にクリアーだと言われています。
    牧歌的な雰囲気の中で、比較的日本人の少ない環境で英語を学びたい方にはお勧め。
    ※アイルランドでは、英語のほかに、土着のアイルランド語(ゲール語)が、現在も使われています。ケルト民族の文化に触れるため、アイルランド語を学ぶ学生もいます。

  • フランス

    フランス語人口は約8千万人。フランス語を学ぶ際の進学先は、基本的にはフランスとなります。(カナダでも学ぶことは可能)
    フランス各地に数多くの語学学校があり、学ぶ環境は、都市であるパリにはパリの良さがあり、地方の街には地方の町の良さがあります。
    沢山ある語学学校で迷ったら、興味のある地域から語学学校を選ぶのも手かもしれません。

  • スペイン

    スペイン語人口は、約3億2千万人。
    スペイン語は日本では馴染みが薄いですが、国連公用語の一つでもあり、スペイン語人口は3億人を優に超えます。
    スペインでは、地域によってカスティーリャ語、カタルーニャ語、ガリシア語、バスク語、バレンシア語、マヨルカ語などの言葉が使われています。
    基本的には、カスティーリャ語が公用語。言葉に象徴される地域ごとの特徴は、スペインの楽しさでもあります。

  • ドイツ

    ドイツ語人口は、約1億人で、EUで1番多く使われいる言語でもあります。
    ドイツには、世界的に有名な企業の本社も多数あり、ドイツ語の習得はキャリアアップにもつながるでしょう。

  • イタリア

    イタリア語人口は、約6千万人。ファッションや料理をはじめとして、イタリア文化は、日本でも人気。
    ただイタリア語会話になると、日本人には比較的なじみがないため、イタリア語に不安がある人は、日本語の話せるスタッフのいる語学学校を選ぶのもお勧め。
    まずは留学会社さんに相談してみるのがよいでしょう。また、滞在方法は、ホームステイが多いようです。

  • 中国

    北京語人口は、約8億7千万人。(上海語:約8千万人。広東語:約7千万人。) 中国語は、北京語が標準語とされていますが、上海語、広東語などもあります。 渡航先の都市や地域によって異なり、方言もあるので、自分の目的に応じて、どこの街が良いのかを留学会社のカウンセラーさんに良く相談してみましょう。

  • 韓国

    韓国語・朝鮮語人口は、約8千万人。 韓流ブーム、文化交流の解禁、商取引の拡大などを受けて、韓国に行く人が増えています。 韓国語を学ぶ場合、韓国語堂、太子堂、語学教育学院などと呼ばれる各大学にある大学付属の韓国語教育機関が中心となって、海外学生を受け入れています。

海外で学びたい!キャリアアップしたい!海外文化を体験したい!語学留学したい!「留学したい!」と思ったら…まずは資料請求!
料金を知りたい 相談する!

留学見積.com ご利用の流れ

  1. 留学会社に
    まとめて問い合せ
  2. 各社の資料を
    比較!
  3. 留学会社を
    選んで出発!

参加旅行会社